【月とアコギと缶ビール】シケモク風太officialblog

東京に雪が降った

calendar

reload

東京に雪が降った

今日は雪が降った。朝仕事に行く時は曇り空だったから傘を持たずに家を出たんだけど職場の最寄駅に着いたら雨が降っててね。これは濡れながら走って職場まで行かなきゃかな?って思ったらなんと道に傘が捨ててあった。小さい傘だったけど助かったよ。

そしてお昼頃になると窓の外は雪になっていた。

俺は北海道で生まれ育ったから雪が降るのは嬉しいんだ。冬を感じる事が出来るから。

俺は季節の温度が好き。それは春の暖かさや夏の暑さや秋の気持ちよさも好きだけど冬の雪の日の季節の温度だって好きなんだ。

少しだけ雪が積もった。

東京は雪が降ると電車が止まったり遅れたりするから帰りが少し心配になったけど、それでもやっぱり雪を見ると生まれ育った北海道を思い出して懐かしく嬉しい気持ちになったよ。

俺は老人ホームで働いてるんだけど入居者の皆様も窓の外の雪を見て季節を感じていたみたい。

まぁ季節って言っても北海道生まれの俺にとっては3月も冬だと思っているけど東京は桜も咲いたし春なのかも知れないけど?

認知症の方は季節がわからなくなったり時間がわからなくなったりされていたりもする。

だから雪とかはわかりやすくていいんだよね。季節をすごく感じてもらえるから。

初めて雪を見た外国人の事を思い出した

もう20年も前になるんだけどオーストラリア人のカップルと一緒に三重県から大阪までヒッチハイクをした事があった。その二人は雪を見た事がなかったんだけど旅の途中で雪が降ったんだ。

俺はきっと寒いから嫌がるかな?って思ったんだけどその二人は外国人なんだけど片言の関西弁を話せて、そしてお箸を持ち歩いてる人達だったんだけど、雪を見た瞬間カバンからお箸を出して雪をつまんで食べ始めたんだ。

子供みたい はしゃいで雪を食べてた二人の事を思い出したよ。

今は何してるのかな?あれから20年だもんな。今はどこにいるのかな?

ジャンベ(って言う太鼓)を持ち歩いてて路上で叩いたり歌ったりして投げ銭もらって旅をしてた二人。それとCDも持って来てて俺も1枚購入させてもらったんだよね。

そのCDはかなりロックなサウンドの中にいろんな動物の声が入ってる曲があったんだけどその動物の声は全部その二人が声で出してたんだよね。すごいんだ。いろんな動物の声を出せるんだよね。

ボイパの動物バージョンみたいな感じだね。他にも色んな楽器の音とかエンジンみたいな音とかも声で出してたな。

俺もちょっと憧れて練習してみた事があったんだけど、挫折してしまった。思った音を上手に出す事が出来なくてね。何でもそうだけど「出来るまでやる」って事をやらないと「出来るようにならない」って思うんだけど俺はその「できるまでやる」って事が出来なかったんだよね。

努力出来る人を尊敬します。

初めて路上で歌った夜は雪の夜だった。

俺、ギターが好きなんだ。でも高校生の頃はバンドでボーカルやっててギターあんまし弾いてなくてね。後はいくつかしか覚えてないコードをかき鳴らして路上で歌ったり位しかギター弾いてなくてコピーとかもした事なくて基本的な練習もした事がなかった。

それで初めてちゃんとギタリストとして参加したバンドがオリジナルの曲をやるバンドだったから、知ってるコードをジャガジャガ弾くだけしか出来なくてね。

それで、そのバンドでCD出す事になったりしてレコーディングしたんだけど、俺にはギター演奏の引き出しがなくてね。ギターを1本弾いた後にエンジニアの人に「違った感じのギターも弾いてもらえますか?」って言われて「違った感じのギターなんて弾けません。これしか弾けないんです」なんて言ってたもんね。

今さらながら、地味な練習をコツコツやってるんだよね。上手な友達は身近にいっぱいいる。

憧れるような仲間もいっぱいいる。

楽器はおっさんになっても出来るのがいいね。

ギターなんて一人で練習もできるし、そして誰かと一緒に演奏したりもできるものだしね。

それと今日の雪を見て思い出したんだけど、まだ俺が北海道に住んでいた頃、初めて路上で歌ったのが雪の日だったように思う。当時、路上で歌ってる人とかいたのかもだけど俺は見た事なかったかも知れないな?何となく曲が出来たから誰かに聴いて欲しくなって大通り公園に行って歌ったんだっけ?でもたくさん人が歩いてる中で歌うのが途中で怖くなって少し歌って帰ったんだよね。

俺は北海道で育ったから雪なんて見慣れてたし雪の思い出だってたくさんあるはずなんだけど、それでも強烈に印象に残ってるエピソードっていくつかしかないのかも知れない?

大雪の成人式の前日に野宿した事もあった。

あれは何処だったのかな?群馬県の何処かだったっけな?これもヒッチハイクで旅をしていた時。その何日か前までは関西にいたんだけど群馬で一度も会った事がない人なんだけど俺の歌を聴いてみたいって言ってる人がいるって聞いて群馬へ向かったんだ。でも群馬の何処に住んでる人なのかわからなくて会うの大変だったけどね。

しかも大雪が降ったんだよね。この雪の中で寝たら死ぬかも?って思ったけどあまりにも眠くなってしまって、しかも俺は北海道からずっと野宿しながらヒッチハイクで旅してたから寒い日の野宿のやり方みたいなのも自分なりにあったから「雪でも寝れる」って思って群馬の何処かの神社で野宿してたんだよね。そして目が覚めたら神社に着物の人とかたくさんいてね。「なんでこんなに着物の人がいるの?」って思ったら、なんとその日は成人式の日だったんだよね。寝袋には雪が積もってたし寒かったな。

 

今日の雪を見て色々と昔の雪の日の出来事を思い出したよ。

雪は雨に変わったけどそれにしても寒いね。

皆さん風邪とかひかないように。

暖かくしてください。

今日も読んでくれてありがとうございます。

今日も元気です。

シケモク風太でした。

ライブもやります。幡ヶ谷36°5の10周年&平原謙吾活動6周年。

平原謙吾のワンマンにゲスト出演します。

チケット予約、お問い合わせ、ライブの出演依頼などは下記からよろしく。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

シケモク風太

シケモク風太

北海道出身、東京在住
「(ふ)だんの(く)らしの(し)あわせ」を大切に福祉(ふくし)のお仕事をしたり「普段の暮らしの幸せ」をテーマにギターで弾き語りしたりしています。1歳の娘の父。戦車の免許も持ってます。

folder おじさん介護士のリアルな日常

夜勤の前の俺
お料理アクティビティ
歌声喫茶
ジジババロックンロール
美味い飯と酒と音楽
more...

folder シケモク風太のライブレポート

Billy’s Bar GOLD STARありがとう
伝熱vol.71
moxy tokyoでライブやったぞ!
一歩一歩 四歩目
幡ヶ谷36°5と言うお店
more...

folder 子育てお父さん

休みの日
一瞬も目が離せない
俺の家族
休みの日のデート
子供の成長
more...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。