【月とアコギと缶ビール】シケモク風太officialblog

尊敬する人

calendar

reload

尊敬する人

俺は心から尊敬してる人が結構いる。何年も、もしかしたら10年以上会ってないかも知れない人でも、ずっと憧れてたり尊敬の気持ちを持ってる人もいる。

 


元気かな?って思っても連絡先もわからなくてね。まぁ今の時代はSNSとかで探したら見つけられたりするのかもだけど。何かそこまでして見つけて連絡取ろうって言うのとは違うんだよね。偶然また何かの縁で出会えたらいいなとは思っているけど。

だけど会いたい人には会える時に会っておいた方がいいのかも?って思ったりもする。それは人に限らず好きなバンドとかもそうだな。

「いつでも会える」「次でいいや」って思っていてもなかなかその次が来なかったりするかも知れないしもう二度と会えない状況になってしまった人だって俺にはいる。

今日と言う1日があったとして、その今日は誰だって初めての今日であり、最後の今日なんだなよね。毎日がその繰り返しなんだけど、二度と戻る事のない初めての今を生きている。

繰り返している様で同じ日なんてないんだよね。時間の流れがものすごくゆっくりに感じる時もあるし、時間の流れが激流のように早く感じて置いてけぼりにされてしまいそうに感じる時もある。

俺は自分で思うけど時間の使い方が上手ではない。

俺の尊敬する人達は時間の使い方が上手だなって思う人が多い。俺よりストイックで自分の時間なんて全然ないような生活なのに俺なんかよりしっかりと地に足をつけて歩いてるように見えたりする。

俺も周りには音楽やってる人が多いんだけど、こいついつ曲作ってるの?って思う位、いい歌をいっぱい作っていたり音源を制作していたり楽器が上手くなっていたり。

いろんな事に打ちのめされた時、いつも俺は父の事を思い出す。俺の一番尊敬する人は父親だって思うんだ。

適当な冗談を言う事も多い人だから俺はそれを信じて大人になって、それがただの冗談だったって大人になってから気が付いて恥をかいた事もあった。でもやっぱりいろんな事に打ちのめされた時、いつも俺は父の事を思い出す。

俺は老人ホームで働いていてもうすぐ2年になるけど、この2年で以前は歩けてたけど今は車いすになった方や普通に会話出来てたけど上手に会話出来なくなった方とかも見て来た。

最後を看取った方もいた。

自分の家族もそうだし俺自身も年を取って行くんだよな。みんな年を取って行くんだよな。

時間は有限だ。そして好きな事をやれる時間とか好きな人と一緒にいられる時間とかは俺が思っているよりもっと短いかも知れない?

10代や20代の頃は悩みもしなかったような悩みも40代になった俺にはある。

それでもまだ俺は本数こそは以前より少なくなったけどライブをやったり新しい歌を作ったり新しい音源を作ろうとしたりしている。俺にとって音楽は仕事ではない。でも趣味でもないんだよな?

趣味はなんですか?って聞かれたとして「音楽です」とか言わないもんな。

何か上手く言えないけど歌を作るって事を覚えてから音楽との付き合い方が変わったかも知れない?俺は多分、自分で歌を作るって事が出来ない人だったらとっくに音楽辞めちゃってたかも?俺自身がまだ聴いた事のない俺の歌を聴きたいって思っていたりもするんだ。

そんな事を考えたりライブやりたいなとかバンドやりたいなとか考えたりしてたんだけど、ついさっき、ってかこのブログ書いてる途中に北海道の小樽って街に住んでる友達からメールが来たんだ。

実は恥ずかしながらそいつの事を今日の昼間思い出して元気かな?会いたいなって考えてたのね。

そしたらそいつから「今曲作ってるんだが風太の事を思い出してさ。会いてえなぁ」ってメールが来てビックリした。

「最近は曲作ってる???風太の曲で、まだ聴いてない曲あれば聴きたいなあ。」ってメールしてくれたんだ。

なんだかすごく嬉しい気持ちになった。

久しぶりに会って語りたいとか思うよりまず、そいつの最近の曲が聴きたいって俺も思ったりするんだ。

俺、歌を作る人で良かった。そして歌をうたう人で良かった。

そう思った。

その友達とは精神的な部分ですごくつながっている様に感じる時がある。一緒に音楽をやってた事もあるんだけど、思い出してみたらその期間はすごく短くてね。俺はその後も他のやつとバンド組んだりしてもっと長く一緒に音楽をやった仲間がいたけど、それでも俺の中ですごく大切な時間だったなって思える時間だった。

父親以外で尊敬する人の中で一番尊敬する人がその友達だなって思う。

「最近は曲作ってる???風太の曲で、まだ聴いてない曲あれば聴きたいなあ。」って言葉が凄く嬉しかった。

ここ何ヶ月も俺はスタジオには入っていない。ライブの前にカラオケにギター持ち込んで歌ったりはしているけど。

通勤で往復2時間ちょっとかかるし仕事して帰って来てご飯食べてお風呂入ってとかしたらもう寝る時間になっている。

寝る時間削ればいいのかもだけど、寝不足で介護の仕事をしたくないってのもある。

知識も技術もまだまだだからこそ、万全な体調で仕事したいから。

でもそんな中でも上手に時間を使って音楽をやってこうって改めて思えた。

俺は人に助けてもらってばっかりだ。

人に背中押してもらってばっかりだ。

人にケツ叩いてもらってばっかりだ。

本当に感謝してる。

助けてくれる人や背中押してくれる人やケツ叩いてくれる人がいなくなったらお終いだもんな。

友達よありがとう。

俺の尊敬する人たちよありがとう。

よし、また一歩前へ進むぞ!

今日も元気です。

ちなみに一番上の文鳥の画像はうちの文鳥のおこめさんです。

 

2018年 シケモク風太ライブ予定

2月2日(金)
幡ヶ谷36°5
『 kind熱 vol.42』

OPEN 18:30 START 19:00

CHARGE\2000-(別途1ドリンク¥500)

出演/シケモク風太・吉原悲劇・三上一昭・なかじまあいほか

2月25日 Billy’s Bar GOLDSTAR

3月2日 幡ヶ谷36°5

 

チケット予約、お問い合わせ



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

シケモク風太

シケモク風太

北海道出身、東京在住
「(ふ)だんの(く)らしの(し)あわせ」を大切に福祉(ふくし)のお仕事をしたり「普段の暮らしの幸せ」をテーマにギターで弾き語りしたりしています。1歳の娘の父。戦車の免許も持ってます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。