【月とアコギと缶ビール】シケモク風太officialblog

鬼とおにぎりとやくざの親分の話

calendar

先日は節分だった!!!

こんばんわ、シケモク風太です。みなさんは節分は何かしましたか?豆まきしましたか?それとも恵方巻を食べたりしましたか?俺は豆まきは神社の豆まきに出かけたりはしたけど家では豆まきしなかったよ。そして恵方巻も食べなかった。

何をしたかと言うと…

自宅で鬼のおにぎりパーティーをやりました。鬼のおにぎりパーティーって何?って思うよね?うん、それは正しい質問です。実は俺も良く分かってないんだ。でも家でおにぎりパーティーをしようって事になっておにぎりパーティーをした。

メンバーは人妻2名と独身女性1名と幼女1名と文鳥のメスが1羽と俺。

男は俺一人!わんぱくにおにぎり食べるぜ!

まずはおにぎりに入れる具材を作る!

俺は梅干しとかおかかが好きなんだけど今回はどっちもなし。

沢庵クリームチーズ(これすっげー美味しかった)とツナマヨとツナ柚子胡椒と鮭フレークとタラコを用意した。

いっぱい食べたいから小さいおにぎりをいっぱい作る事にした。

これは俺の好きなおかわり飯蔵って漫画に出て来る「こむすぎの法則」だね。


おにぎりコロコロと握りまくる!

具を入れて海苔を巻く!

小さくてかわいいおにぎりがどんどんできて来たぞ!

そして完成!!!!!

からあげもいっぱい!煮物もある!

ここまで作るのに1時間以上かかったけどみんなお腹ペコペコだったからかパーティーが始まって最初は無言で食べまくって30分後にはほとんど食べ終わっていた。

いやー!小さいおにぎりだったけど、あんなにたくさんおにぎりを食べたのは人生で初めてだったかも知れない?

楽しい時間を過ごせました。

最近は自分のライブの日とか職場の飲み会とか以外では仕事が終わったらまっすぐ帰ってるから、こういうワイワイする日もいいなって思ったよ。

おにぎりの魅力

おにぎりってすごいよな!持ち歩く事も出来るし片手で箸も使わず食べる事だって出来る。中に入ってる具がおもちゃのおまけのような、ガチャポンのような感じで楽しいし。俺、おにぎりが好きなんだな。

そして何より手作りおにぎりが美味しいんだな。

機械で作ってる大量生産のおにぎりとは別物だよね。まぁコンビニのおにぎりも別物として美味しいと思うし好きだけどね。

やくざの親分が教えてくれた、あの日の思い出…

あれは俺がまだ21歳の頃、ギターと寝袋と少しの着替えを持って北海道から飛び出してヒッチハイクで旅をしていた頃の話。

俺は当時金髪で髪がけっこう長かったんだ。そして体重は48キロとかだったかな?

パット見、女に見える時もあったみたい????

それでヒッチハイクしてたら1台の貸し切りバスみたいなのが停車して乗せてくれたんだ。

でも乗った瞬間「なんだよ!女の子かと思って期待したのに野郎か!ん?お前ギター弾けるのか?何か歌え」とか言われてね。

バスの中で宴会が始まっていてみんな酔っぱらっていたみたい。

俺は何曲か歌ったんだ。

そしたら近くにいたおじさんが「俺も昔はギター弾いてたんだけど今は指が2本もなくなったからギターやめちゃったんだ」って言って小指と薬指のない手を見せてきた!

ん?よく見ると胸元からは紋々が!!!!!

なんとそのバスはやくざの方々の温泉旅行か何かにいくバスだったんです。

俺は急にビビッてしまってね。

「あー!早くバスを降りたい」とか思ってたんだけど、その時、バスの一番後ろに座ってたやくざの親分に「おい!兄ちゃんこっちきて飲めや」って言われてね。

それで俺は一番後ろの席に行って缶ビールをいただいて飲んでたんだ。そしたら親分が

「おい!兄ちゃん!旅してるのか?お金とか大丈夫か?飯食ってるか?」とか言ってくれて俺は「お金あんまし持ってないから貧乏旅してます」って言ったら「おじさんはお金いっぱい持ってるし、毎日美味い物食ってるぞ」って言われてね。

そして親分に「よし!特別お前に世界一美味い物を食わせてやる」って言われて俺はこのまま温泉まで連れてってくれてそこで懐石料理とかご馳走してくれるのかな?

とか思ってたんだけど親分さんはおもむろにカバンをあけてガサゴソと何かを探しててね、そしてカバンから出てきたのはおにぎりだったんだ。

「俺の母ちゃんが今朝握ってくれたおにぎりだ!世界一うめえぞ!塩多めでにぎってあるんだ」って言っておにぎりを渡してきた。

俺はまさか親分が世界一美味い物って言ってた物が手作りのおにぎりだとは思ってなかったからあっけにとられたけど「いただきます」って言ってそのおにぎりを食べた。

確かに塩の付けすぎでしょっぱい!そして何の変哲もないただの梅干しのおにぎり!

だけど今でもその味を覚えている。世界に1個しかないそのおにぎりの味を俺は今でも覚えている。

それは大量生産されて何処でだって買えるような味ではなくて唯一無二の味だった。

まぎれもなく親分さんにとっての世界一のおにぎりなんだろう。

「どうだ?うまいか?」って言われたから「俺の母ちゃんのおにぎりの次に美味いです」って答えたら「がっはっは!この旅が終わったら親孝行するんだぞ」って言ってくれてね。

粋な親分さんだったな。

おにぎりを食べるといつだって俺は思い出すんだ。

俺、おにぎりが好きだ!

フェリーの中でパリパリ海苔のおにぎり食べたぜ!

またまた旅の話。あれは12月だったかな?俺は大阪で野宿しながら毎晩心斎橋で歌っていた。そしたら毎晩ウイスキーの小瓶をラッパ飲みしながら俺の歌を聴きに来てくれる兄さんがいてね。1週間位してからかな?その日は雨でね。野宿辛いなって思ってたらそのお兄さんが「家に泊まりに来い」って言ってくれて俺は泊めてもらったんだ。

その人はなんと北海道出身で大阪に来た人だから言葉は北海道弁だったし俺も道産子だから何だか大阪にいるのに北海道にいるような気持ちになってね。

いつも泥酔してるお兄さんだったけど俺は好きだったな。

そのお兄さんの家に数日泊めてもらってたんだけど突然「今は寒いからお前沖縄に行け」って言われてトナカイの着ぐるみを着せられてね。

「関西から沖縄までフェリーが出てるからそれに乗れ!そしてお前はフェリーの中でずっとトナカイの着ぐるみで過ごせ!クリスマスも近いしな。」とか言われて俺はフェリー乗り場まで連れて行かれた!

俺はフェリーの旅が好きでそれまで何度もフェリーに乗った事があった。

いつも甲板でギター弾いたりしてたら他のバイクとか自転車で旅してる人やトラックドライバーの人と友達になって一緒に缶ビール飲んだりして過ごしていたんだけど唯一フェリーの中で友達が出来なかったのがその時だったな。

理由はやっぱりトナカイの着ぐるみだったからかも?

それと、それまで乗ったフェリーは大体が雑魚寝する感じだったけど、その沖縄行きのフェリーは二段ベッドみたいになっていてカーテンを閉めれるタイプだったからみんな大体はベッドにゴロンとしてカーテン閉めちゃってるのね。

これじゃなかなか話すタイミングが掴めないもんね。

俺は寂しいなって思ってたけど約束したから沖縄までトナカイの着ぐるみで過ごした。

お腹空いたなーって思った時にお兄さんがおにぎりを作ったから持ってけって言ってくれたのを思い出してカバンから出した。

そのおにぎりが手作りおにぎりなんだけど米の部分にラップが巻いてあってその上に海苔があって、さわにラップでくるんであって、下の方から引っ張ると中のラップがスルンと抜けるような感じになっているのね。

パリパリの海苔のおにぎりが食べれるような感じになっていたんだ。

これはすごい!って思ったよ。

海苔を別で持って行っておにぎりに巻いてパリパリで食べた事はあったけど、そうじゃなくってパリパリの海苔のおにぎりが食べれるなんて思ってなかったから。

こんな手間のかかるおにぎりを作ってくれたんだね。

ありがとう。って思ったよ。

美味しかったなー!おにぎりは思い出に残るんだよな。なんかすっげーいいよね。

沖縄付いたらお金も無かったしフランスパンを買ってチューブのバターをぬって食べてたけどね。

おにぎりを買う気になれなかったんだよね。お兄さんの作ってくれたおにぎりより美味しいおにぎりがコンビニとかで買えるわけないって思ってさ。

ちっちゃなお城がいっぱいあるように思った新潟で食べたおにぎり

俺が元々ヒッチハイクを始めたのは俺が中学生の頃、目の前でヒッチハイクしてる人を見たからなんだ。その頃はテレビで芸能人がヒッチハイクしたりもしてなくて「この人、何してるんだろう?」とか思ってね。

そしたらその人が目の前で見知らぬ人の車に乗り込んで走り去って行ったではないか!!!!

なんだこれ????

すっげー!

俺は友達数人と一緒にいたんだけど「俺もやってみるわ」って言って道路に立ち親指を立てた!

俺はギャグのつもりでやったんだ。

車がそんな簡単に停まるはずがない!ってね。

そしたらすぐに車が停まってしまった!!!!!

「どこまで行きたいの?」って聞かれたから俺は行先なんて無かったんだけど「小樽!」って言ったんだ。

そしたら小樽まで乗っけてくれた。

でも中学生だったし当時はギターも弾けなかったし、小樽まで乗せてもらって降りてから電車で札幌まで帰っただけだったんだけどね。

でも、たったそれだけでも俺にとっては大冒険だった。

でもそれから何年もヒッチハイクはしてなかったんだけどね。

でも北海道でススキノって街で19歳の頃に路上で歌うようになってね。

そしたら自転車とかバイクとかで旅してる人とか出張で来てる人とか道外の人とたくさん出会うようになってね。

俺、北海道しか知らないの嫌だ!

って思って旅に出たんだよね。

それで小樽まで行ってフェリーに乗って新潟へ行った。

そしたら景色が北海道と全然違うのね。

まず屋根が違う。

瓦屋根って言うの?そういうの北海道では見た事なかったから「お城の屋根みたいだ」って思ったのを覚えているよ。

そして新潟で最初に食べたのもおにぎりだったな。

何となく「新潟は米が美味い」って聞いた事があったような気がして。

それでやっぱり米を味わうならおにぎりでしょ?って思ってね。

何だかおにぎりの話なんだかヒッチハイクの話なんだかわからなくなってきたな。

まぁどっちも一緒に話せばいいか?おにぎりに好きな具を入れてギュってするみたいな感じにね。

ヒッチハイクは楽しかったな。何年か前にもやったんだよな。

CD作っててどうしても広島の平和公園の鐘の音を入れたくなってヒッチハイクして東京から広島まで行って録音したんだよな。

その音源は歌もコーラスもギターもパーカッションも全部自分で演奏したんだよね。

手拍子を入れた曲もあって、たくさんの人で手拍子してるようにしたくってプロティーサーの人とかが手伝ってくれようとしたんだけど断って自分で手拍子してそのうえにまた手拍子した音を重ねてまたその上に重ねてってして大勢で手拍子してるようにしたんだったよな。

懐かしいな。

1曲目のイントロに平和公園の鐘の音が入ってるんだよな。


★CD/シケモク/物語りのつづき/ARMG-661

この音源なんだけどまだ買えるのかな?

お世話になったレーベルを悪く言いたくないけど結局俺がもらえるはずのお金をうやむやにされて、レーベルが原盤権持ってるからって事でもう手元にはないんだよね。

流通もしてないのかもな?

俺、今、物販で売るものなにもないんだよね。

何か寂しいよね。

だから俺、最近夜な夜なデモ音源のレコーディングしてる。10曲入り500円位の音源をポンポンポンと何枚か作ろうって思っているんだ。

歌詞カードとかジャケットとかもお金かけずにほぼ宅録でレコーディングしてCDRに盤面だけプリントしてデモ音源として物販に置きたいなって思っているんだ。

本当はデモテープとかがいいんだけど、それだと聴けない人が多いもんね。俺も今はカセットテープ聴ける機械持ってないし。

いつの間にかおにぎりの話から全然違う話しになってしまってた。

まぁいいかおむすびコロリンって言うもんな。



このブログはまだ始めたばかりだし今後どうなって行くかわからないんだけど、たぶんこれからもこんな風にウダウダと書き続けて行くと思う。

フェアして拡散してくれ!とか言わないし、コメントくれ!とも言わない。

でも少なからず読んでくれている人がいてくれるからこれからも書いてくからよろしくね。

それと俺、TwitterとかFacebookとかもやってるんだけどTwitterではどうしても短文でしかつぶやけないからブログはわざとグダグダと長く書く事にしてるからここまで最後まで読んでくれた人いたらありがとうございます。

それではまた。

おやすみなさい。

ライブ告知

2/25 ビリーズバー

その前に錦糸町の丸井が2/20だったかな?18時から。

3/2 幡ヶ谷36°5

良かったらライブにも遊びに来てね。

それではまた。

おやすみなさい。

まだ寝ないけど。



この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す




プロフィール

シケモク風太

シケモク風太

北海道出身、東京在住
「(ふ)だんの(く)らしの(し)あわせ」を大切に福祉(ふくし)のお仕事をしたり「普段の暮らしの幸せ」をテーマにギターで弾き語りしたりしています。1歳の娘の父。戦車の免許も持ってます。

folder おじさん介護士のリアルな日常

夜勤の前の俺
お料理アクティビティ
歌声喫茶
ジジババロックンロール
美味い飯と酒と音楽
more...

folder シケモク風太のライブレポート

Billy’s Bar GOLD STARありがとう
伝熱vol.71
moxy tokyoでライブやったぞ!
一歩一歩 四歩目
幡ヶ谷36°5と言うお店
more...

folder 子育てお父さん

休みの日
一瞬も目が離せない
俺の家族
休みの日のデート
子供の成長
more...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。