【月とアコギと缶ビール】シケモク風太officialblog

ゆっくりお風呂に入ってもらえたらな。入浴介助のお話。

calendar

reload

ゆっくりお風呂に入ってもらえたらな。入浴介助のお話。

朝から雨。

俺は普段は墨田区って所から練馬区って所まで自転車通勤している。

距離にして20Kmくらい。

でも雨の日は電車通勤。近場ならポンチョ持ってるから自転車でもいいんだけどさすがに20Kmの距離を走るとポンチョの中で汗だくになってしまうのとポンチョ着て雨の中を自転車で走るのが危ないかな?って思ったから。

以前は職場まで3Km位だったから雨でもポンチョ着て通勤してたんだけどね。

電車通勤の時はスマホで何か見たり本を読んだり音楽聴いたり好きな事をして過ごせるんだけど、そんなに満足感が出ないんだよね。

自転車で走り切った時の達成感とかの方が気持ちがいい。

電車通勤中の過ごし方をもっと工夫したいかもな?

乗り換えが2回あるから結構慌ただしくてね。

本とか読んでたらすぐに乗り換え駅に着いてしまう。

合計して40分位は電車に乗ってると思うんだけどあんまし読書に集中出来ないんだよね。

集中しちゃったら乗り過ごしてしまうかも知れないし。

でも電車の中で他の人を見ても大体は居眠りしてるかスマホ見てるから本を読んでるか音楽聴いてる人が多くて変わらないのかもな?

二日連続で入浴介助するぞ!

今日は入浴介助の仕事。

明日も入浴介助なんだよね。

他の職場のスタッフさんが「二日連続で入浴なんだね。大変だね」って言うけど俺は入浴介助が好きだからそんなに大変とは思っていないんだ。

個浴だから自分と相手と二人きりだから、普段ゆっくり話した事がない人とお話し出来たりするのも好きなんだ。

でも時間が限られてるから本当はもっとゆっくりお風呂に入ってもらいたくても、そうは出来ない事もあってそこが歯痒いんだけどね。

介護職の人の悩みなんじゃないかな?

みんな自分の中で理想としてるケアとか、もっとこうしてあげたいとかあると思うんです。

でも現状人が少なくて時間が少なくて出来ない事もある。

これはネットで見た情報とか他の施設で働いてる介護職の友達から聞いたりした情報とかになるけど、何処の現場も人が足りてないみたい。

ゆっくりお風呂に入りたい

俺はお風呂が好き。シャワーより湯船に入りたい人。温泉じゃなくてもいい、銭湯でもいい。行けた時は嬉しい気持ちになる。

そしてできればゆっくりお風呂に入りたい。

介護の現場のご利用者さんだってゆっくりお風呂に入りたい人がいるだろうね?

もっと個浴のお風呂がたくさんあって入浴介助するスタッフもたくさんいて同時に何人も入れてあげれる余裕があればいいのにな。

スピード重視の介護?

介護って対人間だからね。相手のペースもある。ご自分で服を着れる人がいたなら、動きが遅くて待ってたら時間がかかったとしてもご自分で着てもらう。手伝ってあげたらすぐに終わったとしても。

例えば車椅子の移動とかも時間がないからって爆走するのも良くない。気持ちのいい安心出来る速度があるから。

でも介護の仕事はスピードが要求される事もある。

そして俺もスピードも大事だと思っている。

だから介助はゆっくりでもいいし、ご利用者の前で焦ったり急いだり急かしたりはしないけど他の部分を最高速で動けるように要領よく動ける様に考えて工夫して努力するようにしている。

例えば排泄介助の時の手袋を装着するのを一瞬で出来るようにしてみたり、お部屋のカーテンを閉める時も加湿器の水を補充しながらカーテンを閉めたり、体温を測定しながら顔を拭く暖かいタオルを用意したりとか?

微々たる時間の短縮にしかならないかもだけど、その数秒とかを積み重ねていく。

それが結構面白いんだよね。

30人の着替えがあったとして時間ギリギリになってたとしても、1人30秒ずつ短縮出来たら15分も早く終わるんだよね。

介護の現場では、やる事は限りなくあるからね。

俺はご利用者に無理させるようなスピード重視の介助は正しいとは思わないから、接する時はゆっくり、だけど他の部分でのスピードを出すようにしている。

明日も入浴介助だ。

時間いっぱいいっぱいになる位、人数多いからね。

事故をおこさないように、ご利用者に無理させずに頑張ります。

それでは今日もありがとうございました。

シケモク風太でした。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

シケモク風太

シケモク風太

北海道出身、東京在住
「(ふ)だんの(く)らしの(し)あわせ」を大切に福祉(ふくし)のお仕事をしたり「普段の暮らしの幸せ」をテーマにギターで弾き語りしたりしています。0歳の娘の父。戦車の免許も持ってます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。