【月とアコギと缶ビール】シケモク風太officialblog

お客も人気もないけれど

calendar

俺は主に弾き語りでライブ活動をしている。弾き語りのライブハウスはバンドでやってた頃のライブハウスよりキャパが狭い場所が多い。

20名位でいっぱいになるようなお店もある。演者もいるとしたら15名位入れば席が大分埋まってるように見えるお店もある。もちろん大きなお店もあるしキャパが多いお店もあるけど。

まぁバンドが演奏するライブハウスだとしたら4人メンバーがいるバンドが3組出演したら、演者だけで12人になるしね。そう考えたらバンドのライブハウスはそれなりのキャパが必要なのかも知れないし、弾き語りの方が若干サブカルチャー的な部分もあるのかも知れない?好きな人は好きだろうけど、バンドのライブは観に行った事があるけど弾き語りのライブは観に行った事がない人からしたら、一人でギター弾きながら演奏してなりたつのだろうか?途中で飽きちゃうんじゃないだろうか?曲調は暗いのかな?とか?(これは俺の意見じゃなくて以前バンドの頃のお客さんで弾き語りとか観に行った事がないって人が実際に言ってた言葉)

俺もバンドで活動していた時に一人で弾き語りしてる人って言うのはバンドのメンバーが集まらないから弾き語りしてるのかな?とか孤独が好きなのかな?とか一人で歌ってて寂しくないのかな?とか思った事もあった。

そして俺が実際にバンドではなくて弾き語りでライブハウスで演奏するようになった時も最初の頃は今みたいに弾き語りの演者が集まるライブバーとかではなくバンドが演奏するライブハウスに一人で出演させてもらってたから対バンは全部バンドだったりしてね。

楽屋とかでは他の演者さんはバンドメンバー同士話してたりして俺は一人ぼっちだから、何だか寂しいなって思った事もあった。

でもそんな考えはいつしか無くなった。だって弾き語りで活動してる人だって、別にバンドメンバーが見つからないからって理由ではなく、孤独が好きだからって理由ではなく、弾き語りってスタイルですげー人といっぱい出会った。

一番シンプルでかっこいいスタイルなのかも知れない?

でも実際にプロの人のライブとか音源とかでギター一本の弾き語りだけの音でリリースされている音源って少ないと思う。やっぱりバンドサウンドの方が圧倒的に多いし俺が普段聴いている音楽だってバンドサウンドが多い。

でもね、弾き語りの良い部分ってのもいっぱいあるって思うんだ。

今日俺は平原謙吾って人のワンマンライブにゲストで出演する。

平原謙吾は俺よりずっと若いけど、ギター上手だし曲もすごくいい。

音楽活動だけじゃなくライブに料理の要素を入れて平原食堂って言うのをやってたりもする。

ライブバーで働いていて、いろんな人の演奏を聴いてそれを吸収してメキメキと成長してて俺は平原謙吾ってアーティストがすごく好きなんだ。

初めて会った時はまだ平原謙吾は大学生だった。よく食べる若者って印象だった。

進路の事で相談された時もあった。平原謙吾は音楽活動を優先して生きて行く道を選んだ。

初めて出会った頃は、まだ音楽を始めたばかりの若者って思ってたけど今は尊敬する歌うたいの一人。

そんな平原謙吾のワンマンライブにゲストで呼んでもらえた事をすごく光栄に思う。本当に嬉しかった。

俺にはどうすれば有名になれるのか?人気が出るのか?お客さんをいっぱい集める事が出来るのかわからない。いい曲を書いても、人間的にいいやつだったとしても、演奏が上手だったとしても、お客さんを集めるのに苦労してる歌うたいがいっぱいいる。

ライブに足を運んでもらうってすごい事だもんな。

お金もかかるし時間だって必要。

翌日仕事だったりするかも知れないし、今はスマホとかある時代だから一人でいても時間を持て余す事なく過ごすすべがたくさんある。

スマホってすげーよな。

ニュースとか芸能関係のゴシップとか見てても時間があっという間に過ぎるし動画とかも見れるし音楽だってラジオだって聴けるしマンガだって小説だって読めるし、ゲームだって出来る。

俺が若い頃は携帯電話すら普及していなかった。俺が初めてPHSを持ったのが20歳だったもんな。18歳~19歳の頃はポケベルだった。その頃は自衛官をしてたからポケベルにメッセージもらったら駐屯地の中にある公衆電話に行って返事を送信したり電話したりしてた。

でもその頃はその頃でスマホなんてなくても一人で時間を持て余したりもしてなかったかもな?

その時代、その時代の過ごし方があるんだな。

今は電車に乗ったら大勢の人がスマホの画面をのぞき込んでる。俺もそういう時がある。

大概は音楽聴いたりラジオ聴いたりが多いけどTwitterとかFacebook見たりもする。

あんましゲームをやる方ではないんだけど好きなスマホのゲームもある。

家にいる時はiPadで漫画読んだりもしてる。アナログな漫画よりiPadで読む事の方が多いかも知れない?

友達との連絡もLINEだったりSNSでメッセージ送ったりしている。

それでも俺、やっぱり人と会う時は嬉しい気持ちになるし会って話したい事がたくさんあったりする。

だから俺、ライブが好きなんです。

シケモク風太はそんなにお客さんいっぱいいないし、人気もないかも知れない。でもライブ活動を続けているのは実施に人と会えるのが嬉しいから。

ネットで生配信でライブとかもやった事があるけど、やっぱり実際に人がいるライブが好きなんだ。

平原謙吾のワンマンライブ。

ワンマンのゲストなのに30分も演奏させてもらえます。

30分も時間を与えてくれた平原謙吾に感謝します。ってかすげー嬉しい。

他にもゲストを呼ぶとしたら呼びたい人いただろうに?その中から俺を選んでくれて30分も時間くれるなんて、愛を感じる。

精一杯歌おう。

今、出来る一番のライブをやる。

ステージに上がったら俺が一番って気持ちで演奏する。

喧嘩とか勝負とか戦いとかではないけど、盛り上げようとか謙吾を立てようとかそう言うんじゃなく出来るなら圧倒的なライブをやって謙吾に「あぁ!シケモク風太すげーや。呼んで良かった。」って言わせたい。

お時間ある方は是非遊びに来て!

俺はオープニングアクトではなく20:30から歌うのでお仕事とかで最初から来れない人でも間に合う人もいると思う。是非是非よろしくお願いします。

そして平原謙吾を知らない人にも謙吾の歌を聴いてもらえたら嬉しい。

待ってます。

チケット予約、お問い合わせは下記まで

ギリギリまで予定わからなくて飛び込みで来ちゃってもいいよ。そう言う人も前売り料金で入れるようにしておきます。

よし!楽しむぞ!

大好きなお店の10周年のお祝いも出来るし、大好きな平原謙吾のワンマンだ!

よろしく。

 

 

その他のシケモクライブは

5/17 すみだライブ 錦糸町アルカイースト前の路上(無料、路上ライブ)
5/25 豊洲pit 16:30~ キャプテンクーコッチってバンドのギターとして出演
5/25 幡ヶ谷36°5 19:00からシケモク風太、弾き語り

シケモク風太、最新ライブ情報

それではまた、シケモク風太でした。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

シケモク風太

シケモク風太

北海道出身、東京在住
「(ふ)だんの(く)らしの(し)あわせ」を大切に福祉(ふくし)のお仕事をしたり「普段の暮らしの幸せ」をテーマにギターで弾き語りしたりしています。1歳の娘の父。戦車の免許も持ってます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。