【月とアコギと缶ビール】シケモク風太officialblog

熊谷モルタルレコード

calendar

8月1日の話し。初めての熊谷モルタルレコードでのライブだった。
熊谷へは行った事もあったしモルタルレコードってお店の名前は昔から知ってた。
友達のライブスケジュールとかでよく見る名前だったし俺も行ってみたいなって思ってたんだよね。

初めてのモルタルレコード
いつだったかな?戸谷光と対バンした時に「風太さん熊谷に歌いに来ませんか?」って言われたんだよね。
正直嬉しかった。行ってみたかった場所だったのもあるけど、自分のイベントにシケモク風太を呼ぼうって思って声をかけてくれたのがすごく嬉しかった。
今のシケモク風太の活動はライブもそんなに多くないし遠くに遠征とかもしてないし音源をリリースしたりワンマンやったり自主企画やったりもしてないから。
自分の中で目標としている事とか目標としている場所とかもあるんだけど、それに向かって一直線ってわけには行かない。
今は娘や家族と一緒の時間もすごく大切だしお金もそんなに持ってないしね。
遠征とかやるとしても赤字続きだとパンクしてしまう。

かと言ってグッズを作って売ろうとか収益を出そうと工夫しようとかは今はそんなに思っていない。
それよりは新しい歌をもっと作りたいって言うのともっとギター上手になりたいとかもっと歌が上手になりたいとかそっちの方がすごく思うんだよね。

以前より確実に曲作りのペースは落ちてるから。
以前はレーベルに所属してディレクションが月に2回あったから、ディレクションまでに10曲ずつ作って行かなきゃだったのもあるけど。
「できませんでした」は許されない環境だったし締め切りがあるとやれるんだよね。
でも今は完全にフリーで一人で活動してると締め切りがないからね。
自分の中で締め切りを作ったとしてもその締め切りを守れなかったとしても誰に怒られるわけでもないし。

でもこれじゃダメだな。
自分に厳しくしっかりと自分で自分をプロデュースできるようになって行かなきゃだよね。

最近猛暑が続いてるから自転車にも乗れてないしタイミング合わなくてすみだライブにも参加出来てないけど元気に頑張って行くぞ。

それにしても熊谷モルタルレコードは素敵なお店だった。
雰囲気もいいしね。
お客さんも暖かい人が多かった。

お惣菜をたくさん買って来てくれて食べさせてくれた人もいたし、何杯もお酒をご馳走にもなったし、なんて言うか家に友達みんなで集まってワイワイ楽しんでるような雰囲気だった。
お酒も冷蔵庫から缶ビールとか缶チューハイとか出してもらって飲む感じなんだけど「チューハイください」って言ったら「何味がいい?」って感じのやりとりですごくアットホームだった。

それと場所的にも早く帰らなきゃダメだったりするからライブ後に打ち上げは出来ないって事でリハーサル終わってから演者の4人で焼き鳥屋にも行ったんだけど、その焼き鳥屋も素敵なお店だったよ。

熊谷また行きたいな。

久しぶりに会えたお客さんもいた。

こっちが地元みたいで、今までここから都内までライブ来てくれてたんだね。
ありがたいな。

また熊谷行くよ。

それではまた。
暑い日が続いてたり台風来てたりするけど元気に過ごせますように。

シケモク風太でした。

この記事をシェアする

コメント

  • 家族、奥さん、お子さんいるおとうさんミュージシャン達は。
    家庭を支えていかなくては。だから、無駄使いも出来ないよね。
    わかるわ。
    まだ、モルタル2回しか行ってない。
    この前、中川敬さん、風太君です。前のヘブンズロックは、何度もありますが。
    今度は、もっくんがきてくれる。
    モルタル店長が、すごいわね。大好きな中川敬さん、紅白に出た竹原ピストルさんも、気になってた若手バンド。打首獄門同好会も呼んだし。。。
    隣街なので、車で熊谷まで行けて一番らくなライブハウスです。近くて助かる自分は。
    川越よりも、新都心よりも、東京よりも、近く。
    東京からだと、確かに終電わかる。自分も、東京行くとき終電気にします。
    ギリギリ最終で帰ったあったな。大昔。
    遠い所から、有り難う。しかし、皆個性あるミュージシャン達ばかり。とりの人は、自由でいいね。
    何の仕事だか知りませんが、なかなかねできないわ。
    生活あるにも、全て捨てるとは!!!
    何歳だか知らないが。ギターも上手かったね。
    風太君も、心感じるメッセージソングだったな。
    皆のライブ観て、曲作ろうと思いました。

    by どうも 2018年8月6日 9:15 PM

down コメントを残す




プロフィール

シケモク風太

シケモク風太

北海道出身、東京在住
「(ふ)だんの(く)らしの(し)あわせ」を大切に福祉(ふくし)のお仕事をしたり「普段の暮らしの幸せ」をテーマにギターで弾き語りしたりしています。1歳の娘の父。戦車の免許も持ってます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。