【月とアコギと缶ビール】シケモク風太officialblog

人生で一番楽しい事はバンドだ!

calendar

reload

人生で一番楽しい事はバンドだ!

毎日大体何かの日なんだよね。そして今日は3/9でサンキューの日。

俺は覚えているんだ。何年前だったかな?数えたらわかるんだけど数えるの面倒だから数えないけど、俺が20歳位の時だな。3月9日にライブをやったんだ。

サンキューライブってタイトルを付けてたから覚えてる。

「とちファミ」ってバンドをやってたんだよね。

しめさば10円って!!!100人前注文しても1000円だ!

人生で一番楽しい事はバンドだ!

 

俺の大好きなバンドのライブ盤のCDのMCでそんな台詞が出てくるんだ。

バンドを辞めちゃう人が言った言葉なんだって。

バンドを辞めちゃう人が「人生で一番楽しい事はバンドだ!」って言ってやめてったって話があってね。

きっとその人はまたバンドやってるかもね?

俺もきっとまたバンドやると思うし。

こればっかりは、やめられないんだ。

どうしても…バンドが好きなんだ。

バンドがやりたい

これはいつも思っている。でもなかなか出来てない。俺も今は42歳だからね。おやじバンドとかやりたいな。仕事が介護士だから不規則なのと子育てもあるからなかなか人と時間を合わせてリハーサルやったりするのが難しかったりするよね。人と何かを一緒にやるって事は俺だけの都合じゃ出来ないからね。でもだからこそ、お互いを尊重してその出来る範囲で精一杯の活動が出来たらいいなって思うんだけどね。現実的には俺は一定のお小遣いで生活してるからスタジオ代は何とかなったとしてもスタジオ後にメンバーで居酒屋で「飲み語りしようぜ!」とかなっても毎回は厳しいかもだしな。でもバンドがやりたいんだよな。

まだ内緒だけど仲間が見つかった

バンドがやりたいって話をしてたらね、「俺が手伝いますよ」って言ってくれたやつがいた。ギタリスト。俺はそついの事が好きだし長い付き合いだし、俺の状況をわかってくれてるし、俺もそいつの状況をわかってる。家族にも会った事あるもんね。お母さんとも話した事あるしお姉ちゃんとも話した事がある。

正直嬉しかった。そいつはエレキを弾くと思うから俺はアコギを弾けばいいな。

ハーフのドラマー

俺は人種差別とかそういう意味ではなく、でも外国の人と音楽をやってみたいって思ってた事があった。それは人種とかって意味ではなくて俺、恥ずかしながら外国に行った事がなくて、だから俺の知らない世界を知ってる人と音楽やってみたいなって。

それとやっぱり俺も洋楽も聴くけど日本人だからね。

日本の音楽と外国の音楽って言うのは自分の中で分けて考えてしまう。

でも外国の人はその感覚が違うでしょ?わからないけど、違うと思うんだ。少なくとも俺とは違う。

そしたらハーフの人なのかな?家庭の事とか聞いた事がないからわからないんだけど苗字がカタカナの友達がいてね、ドラムをやってる人なんだけど俺のライブを何度か観に来てくれてる人なんだけど「シケモクくんの笑ってって歌のメッセージが好きだな。音楽で広めようよ。俺、手伝うから」って言ってくれてね。

それって・・・?手伝うって???ドラムやってくれるってとらえて良いのかな?とか後日思ってね。

でも「俺に手伝える事があったらいつでも言って」って言ってくれたんだよね。

これはドラム叩いてもらうしかないね!!!

そいつがドラム叩いてる所、見た事ないんだけどね。

でも人のライブ観ながら手や身体が動いててリズムを取ってるのは見た事があって「あっ!ドラムの人なんだな」って思ったんだよね。

バンドやるって事は自分だけの人生ではなくなる

俺、「シケモクさんのライブのお手伝いしたい」って言ってくれる人との出会いは少なくはない。

そういう出会いが今まで結構あったんだけど、放置するつもりないんだけど、日々に流されてしまって気付いたら1年とか過ぎちゃって、気づいたらその相手が他のバンドで活躍してたりして後から「シケモクさんとバンドやるの楽しみにしてたんだけど今はもう他のバンド本気でやってますから」とか言われた事があってね。

そりゃそうだよな。

俺の先輩バンドマンが言ってたよ。バンドメンバーとの関係って恋愛みたいな所があるよねって。

最初は熱くなるんだけど、だんだん嫌になってきたりもするし…倦怠期とか?

それで喧嘩したりしても他の誰かがそいつの悪口言ってたら許せなかったりするし。

そして「俺に手伝える事があったらいつでも言って」って言うのは恋愛で言えば告白みたいな物で、いつまでもこっちが返事しないで放置するのは良くないし、今までそうしちゃって後悔したし、相手にも悪いもんね。

だからギター弾いてくれるってやつとドラム叩いてくれるってやつが見つかったって思うから、俺は俺のペースでバンド始めようって思う。

そのギタリストもドラマーも俺が介護の仕事してる事や子供が小さい事も知っててくれるからね。

だからバンドやったからってライブの本数が増えたりもしないし、今みたいに少ないライブの本数でやってくことになると思うし、多分俺がガキの頃にやってたバンドみたいにいっぱいスタジオ入ってリハやってツアーまわってとか、そういう活動はお互いに出来ないと思う。

なんたっておやじバンドだからね。

俺は42歳だけど他のメンバーも30オーバーだしね。

どうなるかわからないけど、やってみよう。

そんな事を思った夜でした。

明日、連絡してみよう。

これで「俺に手伝える事があったらいつでも言って」って言ったのはドラム叩くって意味じゃねーよって言われたらそれまでだけどね(笑)

少なくともギターやりますって言ってくれたやつはいるから、すぐは無理でも数ヶ月後のライブからはそいつがギター弾いてたりもするかも?

また決まったらお知らせします。

新しいCDを作ろう

俺、ブログでレコーディングしたいって書いてるでしょ?

そのギターのやつに「俺、物販に置くCDが今ないからレコーディングしたいんだよね」って言ったら「やりましょう」って自分も参加するような口調で言ってくれたりしてね。

どうなるのかな~?

わからないけど、歌はたくさん出来ててね。

レコーディングしたいんだよね。

それはリリースするとかしないとかそういう事は対した問題じゃないんだよね。

レコーディングするって事でその曲を完成させてあげれるって言うのかな?

レコーディングするまでは、曖昧な部分があったりするかも知れない?

コード進行とかも迷ってる部分があったりするかも知れない?

「ここは〇ってコードでも〇ってコードでも行けるけど、どっちにしようかな?」とかリズムとかもギターの刻み方とかも、いくつかアイデアがあったりするかも知れない?

でもレコーディングする時にはどっちかに決めなきゃダメなんだよね。

って言ってもレコーディングしてからライブでやってる間に変化して行く曲もあるけどね。

でも一度レコーディングして、その曲の原点みたいな部分を決めてあげたいんだよね。

よーし!一人でレコーディングするか仲間がいてレコーディングするか、どうなるかわからないけど、少しずつ動き始めてるぞ!

それでは今日も長々と読んでくれてありがとう。

シケモク風太でした。

明日は夜勤だから…ブログ書けないかもな?

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

シケモク風太

シケモク風太

北海道出身、東京在住
「(ふ)だんの(く)らしの(し)あわせ」を大切に福祉(ふくし)のお仕事をしたり「普段の暮らしの幸せ」をテーマにギターで弾き語りしたりしています。0歳の娘の父。戦車の免許も持ってます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。