【月とアコギと缶ビール】シケモク風太officialblog

北海道に大きな地震が来た

calendar

俺は北海道で生まれた。
そして北海道で育った。
俺は生粋の道産子だ。
親も兄弟も北海道に住んでいる。

若かりし頃、東京へ出て来た。
東京で音楽活動してみたいってのが理由だった。
でも本音を言えば家族と遠く離れてひっそりと生きて死にたいって言う理由もあった。

でも本当は俺は北海道が好きだ。

札幌が好きだ。

それだけど、どうにか北海道を出る理由を探していた。

進学は無理だった。
学力がないし、お金もない。
進学するなら自分のお金で進学するしか俺には選択肢がなかったから。

知ってる人もいると思うけど俺は高校を卒業してから自衛隊に入った。

でも本当は進学(専門学校)で行きたい学校があったんだ。
親にお願いしたけど大学ならまだしも専門学校に行くのに金は出せない、行きたいなら自分の金で行けって言われた。
それもあって、お金を貯めたくて自衛隊に入ったってのも本当はあった。

だって自衛隊は家賃無料、飯も無料だからね。
お金を貯めるにはもってこいの仕事だったから。

でもその専門学校には結局行かなかった。

俺は我慢してた事がいっぱいあった。

俺は42歳。
俺が小学校の時にファミリーコンピューターが発売された。
属に言うファミコンだ。

その時代に子供だった人の人生ですごい衝撃的な物だったかも?

男の子の同級生でファミコンを持ってない人なんていないんじゃないか?って思う位、全員がファミコンに夢中だった。

俺は…ファミンコン持ってなかった。

欲しいって言ったら父にテレビが痛むだの、ソフトに飽きたらまた新しいの買うとかお金かかるとか、目が悪くなるとかいろいろ言われて。
それで俺はお小遣いとお年玉を貯めて自分のお金で買うって言った。
それも却下された。
俺はクラスで唯一ファミコン持ってない男の子になった。

それはすごく惨めだった。
なんせ話題について行けない。
みんなファミコンのゲームに夢中な時代だったからね。

次第に俺は友達との会話が怖くなって誰とも話さない子供になった。

いや、探せばきっとファミコン持ってないやついたと思うよ。
でも俺の周りの友達は全員持ってたから。

それから誕生日とかクリスマスとかに「何か欲しいものある?」って言われても俺は一番欲しかったファミコンを自分で貯めたお金で買う事すら却下されたものだから、「欲しいものなんてない」って答えるようになった。
子供の頃は心で泣いてた。
そしたらクリスマスプレゼントは色鉛筆とかだった。
別に欲しくもない。
色鉛筆で絵を描きたいなんて1ミリも思ってなかったから。

それから俺はずっといろんな本音を親に言えない子供になった。

嘘笑いしかしなかった。

家に帰りたくなくて何度も遠くに行きたいって思った。
消えてしまいたいって思った。

中学ではサッカー部に入った。

キャプテン翼世代だから。
でも部活に入ったらお金がかかる。

練習時代で他行に行く交通費。
ユニホーム代。
サッカーシューズとか。

俺は親に欲しい物を言えない子供になってたから婆ちゃんに「サッカー部に入ってるのにサッカーシューズ持ってないの俺だけなんだ。」って言って婆ちゃんに買ってもらった。

そしたら親に怒られた。
「婆ちゃんじゃなくて親に言え」って。
いやいや親に言えないような子供に育てたのはお前だろって言ったら親父は「親にお前って言うな」って怒られた。

もうどうしたらいいのかわからなくて部活なんてやらなきゃよかったって思った。

でもサッカーが好きだった。

だから高校に入ってもサッカーやりたくて入部したけどやっぱりジャージ代とかユニホーム代とかいろいろかかるのを先輩に聞いて1日で部活をやめた。

そして俺はバンドを始めた。
バンドやるのもお金かかるけど、何か家に帰りたくないってのと、当時は今と違ってバンドマンって不良のイメージがあったから俺はバンドマンになろうって思った。

なるべく家には帰らないようにしてた。

言いたい事も言えない苦しい場所だった。
でも勇気を出して高校3年の時に学びたい事があって専門学校行かせて欲しいって頼んだけど却下された。

もう家を出るしかないって思った。

でも家賃とかアパート借りるとかそういうのどうやっていいかわからなかったから俺は自衛隊に入った。

でも一緒にバンドやってた仲間がいて自衛隊やりながらバンドできなくてそれで自衛隊やめて実家に帰ってバンドやった。

悔しかった。
自立できてない自分が。

上京してからは何年も帰らない時もあった。
飛行機が高かったってものあるけど。
今は飛行機安くなったなって思う。
当時どんだけぼったくってたんだ?って思う位だもん。

本当は北海道、札幌が好きだ。

でも、なるべく離れてひっそりと生きて死にたくて札幌を離れた。

でも、北海道に大きな地震が来たニュースを見たら心配になった。

今、わかった。
俺はファミコンなんていらない。
行きたい学校にいけなくてもいい。

なんだかんだ言ってやっぱり家族が元気な事が大切だなって思った。

北海道の家族はみんな無事だったらしい。

本当に良かった。

北海道には友達もたくさんいる。

無事を祈ります。

シケモク風太ライブスケジュール

9月11日 幡ヶ谷36°5
9月30日 Bill’sBar GOLDSTAR

チケット予約、お問い合わせ、シケモク風太へメッセージなどは下記へ。
チケット予約は?お名前(偽名でもあだ名でも可)?ライブの日程と会場をお願いします。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

シケモク風太

シケモク風太

北海道出身、東京在住
「(ふ)だんの(く)らしの(し)あわせ」を大切に福祉(ふくし)のお仕事をしたり「普段の暮らしの幸せ」をテーマにギターで弾き語りしたりしています。1歳の娘の父。戦車の免許も持ってます。

folder おじさん介護士のリアルな日常

明日は祭だ
台風が来た
俺は薬を飲まない派なんだけど
早すぎる早番、長すぎる夜勤
高齢者の性の話
more...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。