【月とアコギと缶ビール】シケモク風太officialblog

明日は俺の働いてる老人ホームでお祭りをやる。
例年は「夏祭り」って名称だったけど9月なので今年は「納涼祭」って名称にした。

何故か俺がその「納涼祭」のリーダー。

本当にたくさんのスタッフに支えてもらって準備が進んでいる。
感謝しかないな。

今日は7:30から仕事。

今日はシーツ交換だったり入浴だったりをしたり、テーブルとか椅子を借りに行ったりだとか、色々とやる事あるから頑張らなきゃ。

夕方からは明日の準備で屋台を作ったりもする。

本当に介護の仕事はいろいろやる事がある。

オムツ交換とか食事の介助だけが介護の仕事ではないんだよな。

むしろ日々の生活の中で楽しみな事や刺激的な事を作る事が大切だったりするように思う。

俺はまだそんなに実感していないけど2025年には高齢者の数がピークを迎え、介護士の人数がものすごく足りなくなるんだって。

もっと介護士が増えたらいいのにな。

仕事ってものは介護だけじゃなくてもたくさんある。
そして人それぞれ向き不向きもある。

だから一概に言えないけど俺は介護職ってやりがいもあるし面白味もあるし日々学びがあるしこの仕事に出会って良かったと思っている。

願わくばやっぱりもっと給料が高かったらいいのかも?

夜勤をたくさんやらなきゃ生活出来ないくらいの給料だったりするかも知れない?

うちは家族三人で俺しか働いてないけど家賃、光熱費、家族の携帯代、保険代、食費とか払って小遣いもらって、それでも少しだけ貯蓄に回せているのかな?

もうちょっと余裕が欲しいんだよな。

介護士が何万人も足りなくなるなら、国はそれをどうしようとしているんだろう?

外国人の人をたくさん雇用する?
それとも介護士の給料を上げて働きたいって人を増やす?

俺はハローワークの職業訓練で介護の資格を取った。

若者は少なかった。

何らかの理由があり職を失った人。
今更、新人として新しい事を始められるんだろうか?
そんな人にとって介護職は窓口が広いのかも知れない?

30代40代から介護を始める人もたくさんいるし、正社員で雇ってくれる職場も多い。

ボーナスや退職金をもらえる会社もあるし給料はともかく福利厚生とか休日の日数とかは悪くないと思う。

それでも介護職を敬遠する人がいる理由もわからなくもない。

このブログで少しでも介護職の事を伝えられたらいいな。

興味ある方の後押しとか出来たらいいな。

とか朝の電車の中で考えてた。

今朝は寒いし小さい雨が降っていた。

なかなか自転車通勤できないな。

今日も元気です。
シケモク風太でした。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

シケモク風太

シケモク風太

北海道出身、東京在住
「(ふ)だんの(く)らしの(し)あわせ」を大切に福祉(ふくし)のお仕事をしたり「普段の暮らしの幸せ」をテーマにギターで弾き語りしたりしています。1歳の娘の父。戦車の免許も持ってます。

folder おじさん介護士のリアルな日常

明日は祭だ
台風が来た
俺は薬を飲まない派なんだけど
早すぎる早番、長すぎる夜勤
高齢者の性の話
more...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。